トイレリフォームを依頼する前に知っておきたいこと

トイレリフォームを依頼する前に知っておきたいこと 我が家のトイレが快適空間だと、それだけで幸せな気持ちになります。暗くて臭くて汚いというイメージは昔の物となりました。それでも、長年使っていれば快適空間も少しずつ変化して、いつしか臭くて汚いトイレになってしまうこともあります。
また、自宅で家族を介護する家庭も増えてきて、狭いトイレで苦労しているという声も増えています。介護をきっかけにトイレリフォームを決めたという声もあるほどです。
今のトイレを快適空間へ変えたいなら、ぜひリフォームを検討してみてはいかがでしょうか。トイレの交換はもちろんのこと、壁紙や床を変えたり、介護しやすいように段差をなくしたり扉を変えることもおすすめです。

■トイレリフォームに必要な豆知識チェック

トイレをリフォームするとき、カタログなど参考にする方も多いですが、カタログで紹介されている素敵なトイレ空間はどれも魅力的です。どんなタイプがいいのか探すだけでもワクワクしてくるでしょう。
ただし、リフォームは洋服を買ったりスイーツを買うような手ごろなものではありません。手間も時間もお金もかかるものです。一度リフォームをして気に入らなかったからといって、すぐにやり直せるものでもありません。だからこそ、リフォームを決断するときは何を基準にしたらいいのか豆知識を知っておくことが大事です。トイレ空間を理想の形にするためにも、今のトイレの広さなど、現状をしっかりチェックしておくことが必要です。

■介護がリフォームのきっかけになることも多い
自宅で介護をする家庭が年々増えています。介護をきっかけにトイレをリフォームしたいという相談件数も多いです。体が不自由な方にとって、トイレ空間が使いにくいのはとても大きな問題で、トイレに行くことが嫌になってしまいます。これは介護される側だけでなく、介護する側も同じではないでしょうか。
そんな人たちの救いとなっているものに補助金制度があります。日本では各自治体が介護に関する補助金制度を設けるようになりました。費用を全額補助してもらえるわけではないものの、介護保険を利用してトイレリフォームにかかる費用を助けてもらえるものです。また、各自治体ごとに独自の制度を設けていることもあり、トイレリフォームにかかる費用を大きく援助してもらえます。詳細は各自治体に問い合わせることで教えてもらえるので、介護を受ける方が住んでいる自治体にぜひ問い合わせてみてください。

■和式タイプのトイレから洋式タイプのトイレへリフォームしよう

日本には優れた機能が搭載された便器が飛ぶように売れています。海外でも注目されているほどで、キレイ好きな日本人らしいと評判です。もしも今現在、和式タイプのトイレを使っているなら、水漏れなどのトラブルをきっかけに洋式タイプにリフォームしてみてはいかがでしょうか。
今はまだ元気に体が動いているのでだいじょうぶと思うかもしれませんが、年齢を重ねてくると和式トイレは体に負担がかかりますし、掃除も楽になるので忙しい方にとってたくさんのメリットがあります。長い目で見ると洋式タイプの方が水道代を節約できるという事実もありますので、リフォームを考えている方は検討してみる価値があります。

■まとめ
トイレリフォームはトイレの交換や壁紙や床、扉なども変える大掛かりなものですが、専門業者に依頼すれば素早く快適なトイレに早変わりします。お金がかかることなので慎重になりつつ、理想のトイレはどんな形なのかじっくり検討してみてください。介護のためにリフォームするなら、必ず補助金制度の確認も忘れないようにしましょう。トイレが快適空間になれば、家族みんなが笑顔になること間違いありません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース